大学を辞めたいぼっちの方はまず友達作って海外旅行してみませんか?

お役立ち
この記事を書いた人

都内の大学に通っています。
普段は、大学行ってバイトして、みたいな普通の生活を送っています。
絶賛就活中です。

かしわをフォローする

※この記事は約4分で読めます。

大学を辞めたいぼっちな方へ。熱いメッセージをお届けします。

皆さんこんにちは。現役大学生のかしわです。今回は、大学をぼっちが理由で辞めたい方へ送ります。

大学辞めたい。ぼっちだし、通う意味なんてないじゃん。

これは、1年生の終わりに私が思っていたことです。

所属していたコミュニティもなく、かなりつらい日々を送っていたのを覚えています。

しかし、そんな経験をした私から同じような境遇に置かれている皆さんへお伝えしたいことがあります。

大学は辞めるな!

今回は、このメッセージを皆さんにお届けしますね。

実際にぼっちで悩んでいた日々を、克服した経験からお伝えします。

大学を辞めたいと思った理由

実は私大学に入学した当初は、楽しい日々を送れていました。

なぜなら、サークルに入っていたから。

大学生=サークルみたいなイメージありますよね?

なので、まずはサークルというコミュニティに入りました!

すると、色々な人と知り合うことになってLINEの友達の数も右肩上がりに増えました。

嬉しいですよね。

これで、大学生活は充実するぞー!と調子に乗っていたのは黒歴史。

しかし、実際にサークルに入ると悪ノリみたいなのが横行していました。

まあ、見たらわかると思うのですが私はめちゃめちゃ真面目です。

まじめすぎるが故に、そのノリについていけず周りから冷ややかな目で見られることが多くなってきました。

これは耐えられない!

と思い、わずか一か月足らずでサークルを辞めてしまいました。

大学生ってこんな人たちしかいないのかな…と怖いイメージを持ってしまったのです。

これを機に、人と関わることを避け、ぼっち生活がスタートしました。

※全てのサークルがそうではありません。

大学でぼっちになる一番の理由

この経験を踏まえて、大学生活にはコミュティが大事になってくると言えます!

事実そうです。

大学でぼっちになってしまうのは、「コミュニティに属していないから」に尽きます!

とはいえ、コミュニティに入るのには勇気がいりますよね。

正直面倒くさいし、行動する意味ない!なんて思っている方。

そもそも、「大学生」というステータスについて考えたことありますか?

それについて、次から深堀りしていきましょう。

大学生という立場について考えてみよう

大学生というのは、日本の最高学府で学んでいる学生という固い表現があります。

また、中には「人生の夏休み」という表現もよく使われますよね。

つまり、大学生ってなんでもありな立ち位置だと言えませんか?

高校までは、校則ないし法律にがちがちに縛られていた期間でした。

一方で、大学生は成人の扱いとされる世代になります。

それでも、社会人として仕事をしているわけではないので縛りはそこまでありません。

「自由」の象徴!と呼んでも過言ではないくらいです。

つまり、大学生はそのような立場に置かれているということを認識する必要がありますね!

大学を辞めたければ一旦海外旅行に行こう!

私も大学を辞めたい、と思った時期があります。

そんな時に、少し勇気を出して新しいことに挑戦してみようと思いました。

それが、「海外旅行」です。

一年生の春休みにドイツとオーストリアに行きました。

なぜこの国かというと、ドイツ語を勉強していたからという単純な理由です。

軽い気持ちで行った海外旅行でしたが、これを機に考え方が変わりました。

・世界は広い
・やりたいことを見つけた
・大学生の特権に気づく
それぞれ説明していきます。

海外旅行で学んだこと1:世界は広い

日本とは全く違う環境に身を置いたことにより、今まで見てきた世界がちっぽけに見えてきました。

【以前までの私】

かしわ2

お先真っ暗。底なし沼にはまったかのようだ。

【今の私】

今の環境が合わないなら、違う環境に置けばいいだけの話じゃん。

と楽観的に物事を考えられるようになりました。

今まで抱えていた悩みもちっぽけに思えますよ!

もちろん、国内旅行でもこの感覚を味うことができます。

海外旅行で学んだこと2:やりたいことを見つけた

自分探しの旅」なんて聞いたことがあるのではないでしょうか?

そうです、旅をすると自分自身と向き合う時間ができるということです。

この経験をすると、これから挑戦したいことが見つかるかもしれません!

私の場合は、ドイツに惹かれたので留学をしたいという目標ができました。

不思議なことに、目標ができると挑戦意欲が生まれます!

海外旅行で学んだこと3:大学生の特権に気づく

先ほど、大学生は「なんでもありな立ち位置」と表現しました。

しかも、大学生ならではの特権がたくさんあるということも確かです。

たとえば、留学に関して。

実際にドイツへ交換留学をしたのですが、これは大学の交換留学制度を利用しました。

社会人になってからは、なかなか留学に行けないと思います。

仮に行けても、お金や仕事の面などリスクもつきものです。

他に、勉強できる環境が整っていることも大学生の特権ですよね!

身近に教授と呼ばれる専門家がいて、学問を教授してもらえるのですから。

このように大学生の特権はたくさんあります。

せっかくなら、授業料以上利用しないともったいないです!

大学を辞めたい理由がぼっちなのは逃げ

ここまで読んでいただいたみなさん。以前までと少しでも考えが変わったでしょうか?

最後に、とどめの一撃をさせてもらいます。

大学を辞めたい理由がぼっちなのは「逃げ」ですよ。

面倒くさいことから逃げたいだけなのではないでしょうか?

自由なため、何をしたら良いかの不安になって自分から行動をしなくなってまうという悪循環。

この状態で卒業したって、明るい未来は待っていないと思います。

少し厳しいことを言いましたが、変わるためには何よりもまず行動することが大切です!

行動すれば絶対に何かしら得ることができます。

そして、それが次の行動への原動力となることでしょう。

最初の行動は、「ぼっちの卒業」にしてみてはいかがですか?

【まとめ】大学を辞める前に行動しよう!

大学は辞めるな!

今回は、大学を辞めたいぼっちな方へ熱いメッセージを送りました。

全体を通してかなり厳しいことをお伝えしたかと思います。

しかし私自身の経験から、優しい言葉をかけては変わらないと思ったので厳しくさせてもらいました。

まずは行動すること。

そうすれば必ず次の行動の原動力が生まれます!

第一ステップ、ぼっち卒業。第二ステップ、海外旅行がおすすめです。

この記事を参考にして、大学生活を有意義に過ごされることを願ってます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました