眠れない夜の暇つぶし方法15種類!寝れない原因と意識するポイント

眠れない夜の暇つぶし方法15種類暇つぶし
この記事を書いた人

都内の大学に通っています。
普段は、大学行ってバイトして、みたいな普通の生活を送っています。
絶賛就活中です。

かしわをフォローする

※この記事は約6分で読めます。

この記事を読めば、眠れない夜にできる暇つぶしの方法がわかります。また、眠るために意識するべきポイントもわかります。

皆さんこんにちは!自称、暇つぶしのプロかしわです。

次の日早いから、しっかり寝たいけど眠れない!

眠くなるまでの時間なんかしたいな。

なんて悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

そんな方へ今回は、眠れない夜の暇つぶしの方法を15種類ご紹介していきます!

眠れない夜の原因意識しておくポイントもまとめてご紹介していくので、ぜひ参考にして下さいね。
実際に私が夜眠れない時に実践した経験からお伝えしますので、内容の信頼性に繋がるかと思います。

眠れない夜の原因3つ

眠れない夜にもしっかり原因があります。

原因がわからずに悩んでいる方も多いと思うので、ここで明確にしておきましょう!

大きく分けて、3つの原因に分かれています。

✔精神面
✔疲労が少ない
✔カフェインの摂取
これらのうちどれかに当てはまるのではないでしょうか?
すぐ寝たい方への簡単な対処法も紹介するので、ぜひ確認してみてください!

精神面

多くの人が精神面から眠れない夜を過ごされるのではないでしょうか?

具体的には、心配事、ストレス、緊張などから眠れなくなってしまいます。

心配事は、主にその日にあった出来事を振り返っているときに生じます。

私の場合は、友人にかけた言葉が適切だったかどうかをよく振り返ることが多いです。

ストレスは、そのような出来事からネガティブな要素が含まれていること。

私の場合は、バイト辛いなぁだったり、テストが近いなぁと思ってストレスを感じます(笑)

緊張に関しては、想像がしやすいかと思います。

次の日の遠足が楽しみで眠れない、みたいな感じです!

大事な日が次の日に控えている時は緊張して眠れませんよね。

このように精神面で眠れない夜は、ノートに思っていることを書きだすことをおすすめします!

頭の中にあったもやもやが晴れることが多いです。

精神面で眠れない夜は、思っていることをノートに書きだす。

疲労が少ない

私も含めてなのですが、最近は新型コロナウイルスの影響で外出する機会が少ない方も多いはず。

基本的にずっと家で過ごしているので、一日の消費カロリーが少ないことが眠れない夜に繋がってしまいます。

一日みっちり仕事したり、勉強した日はすぐ眠れますよね。

疲労が重なると眠くなるのが人間です。

ではどうすればいいのか。

疲労がないなら、作っちゃえばいいじゃん!というわけです。

おすすめは、ランニングや散歩をすることです。

手軽にできて、しっかり疲れますのでぐっすり眠ることができますよ。

疲労が少なくて眠れないなら、ランニングや散歩で疲労を作る!

カフェインの摂取

コーヒーや紅茶などに含まれているカフェインは、疲労や眠気を軽減すると言われています。

だからこそ寝る前に摂取してしまうと、眠れない夜を作り出すことに繋がります。

もちろん体質によって効果は変わりますが、寝る前には摂取しないに越したことはありません。

ちなみにですが、カフェインの血中濃度が半分になるのに約4時間かかるそうです。

カフェインが抜けるまでにかなり時間がかかるので、夜に眠りたい方は摂取を控えることをおすすめします。

どうしても飲みたい方は、カフェインレスのコーヒーなどを摂取することをおすすめします!

眠れない夜の暇つぶしの方法15種類

眠れない夜にできる暇つぶしの方法を15種類ご紹介していきます!

ぜひ、自分に合う暇つぶしの方法を見つけてみてくださいね。

読書

読書によって、新しい知識を得ることができます。

どうせ眠くないし、やることもない夜ならば、その時間を有意義に使いたいですよね!

ビジネス書でも良いですし、小説でも良いです。

とはいえ、普段本を読まない方も多くいる方も多くいるのではないでしょうか?

そのような方には、スマホで読める電子書籍か聴く本をおすすめします!

どちらも、スマホやタブレット等があればいつでも購入できるのでおすすめです。

漫画を読む

文字だらけの本も良いのですが、漫画も眠れない夜の暇つぶしにおすすめです。

読むだけで一瞬にして、漫画の世界に入ることができます。

今では漫画も日本を代表する文化となりました。

海外に滞在し、日本人であることを伝えると漫画を読みますか?と聞かれることが多いです。

その時の会話にも役立つので、読んでおいて損はないですよ!

勉強する

眠れない夜の時間を有効に使いたい方は、勉強もおすすめです。

こう言うと、勉強は暇つぶしでもなんでもない!という反発を受けるかもしれません。

しかし、勉強をすることで考え方の幅が広がりますし、人生の選択肢も増えるかもしれません。

個人的におすすめなのが、語学の勉強です!

海外の文化を知ることができますし、何より今では楽しく勉強できるコンテンツがたくさんあります。

ぜひこの機会に勉強してみてはいかがでしょうか?

字の練習をする

字がきれいな人は魅力的ですよね。

だったら、字の練習をしてみましょう!

通信講座や、練習用テキストが豊富にそろっています。

基本的にはなぞるだけの単純な作業なので、無心になって取り組むことができます。

就職活動にも役立つので、ぜひ眠れない夜の暇つぶしにしてみてください。

ネットサーフィンする

ネットが普及したことによってできた、現代ならではの暇つぶしであるネットサーフィン

思いついたことや、興味のあることを調べるのは楽しいですよね。

例えば、今不安に思っていることの解決する糸口を見つけたり、ニュースを確認したりできます。

幅広い情報が掲載されているので、飽きないです。

とはいえ、誤った情報もたくさんあるので全てを鵜呑みにするのは危険ですよ!

音楽を聴く

眠れない原因が精神面にある場合は、好きな音楽を聴いてリラックスしましょう。

アップテンポの曲でもいいですし、落ち着いた曲でもいいです。

好きな音楽を聴くとなぜだか癒されますよね。

ちなみに私は、昭和の歌謡曲をよく聞いてます(笑)

ASMRを聴く

ASMRをご存知でしょうか?

「Autonomous Sensory Meridian Response」の略で日本語にすると自立感覚絶頂反応という意味です。

簡単に言うと、心地よい音のことです!

これを聴いてると、気づいたら眠っているなんてことも…。

気になる方はぜひYouTubeで検索してみてください!

また、以下の記事で私のおすすめな動画も紹介しています。

ブログを書く

今の気持ちを共有したい!という方はブログを書くことをおすすめします。

自分の気持ちを文字であらわすのはとても楽しいですし、自分を客観視できます。

そして、それを世の中に公開すれば世界中の人が見てくれるかもしれません!

私も実際にブログを書いているのですが、楽しくて継続しています。

一度始めたら病みつきになるかもしれませんよ。

まずは、あなただけのドメインお名前.comで取得してみましょう!

ストレッチをする

あまり疲労を重ねていない人には、ストレッチもおすすめです。

体は動かさないとなまってしまいます。

私も久しぶりに柔軟をしてみたら、笑えないくらい硬くなっていました…。

眠れない夜の時間を使ってストレッチをすれば、体の状態を知ることにもつながるのでおすすめです!

夜食を食べる

夜食って、最高ですよね。

とはいえ、太ってしまうリスクもあるのでなかなかできません。

でも、たまにしか来ない眠れない夜の時間はよしと自分に言い聞かせてみませんか?

個人的にはインスタントラーメンが好みです。

夜に食べるラーメンはなんだかいつもよりおいしく感じます。

夜食を食べて幸せな状態で、眠るという最高の時間を過ごしてみませんか?(悪魔のささやき)

深夜ラジオを聴く

普段ラジオを聴かない人はもったいない気がします。

特に、深夜には面白いコンテンツが豊富にありますよ!

有名芸能人の方がパーソナリティのラジオ番組もたくさんあるので、ぜひ眠れない夜の時間を使って聴いてみてください。

有名芸能人のテレビでは見られない素顔も見られるかもしれませんよ。

次の日にやることを考える

色々考え事をしてしまって眠れない方は、次の日にやることを考えてみることをおすすめします。

そうすることで、余計な悩みを抱え込まずに眠ることができます。

例えば、今悩んでいることは明日考える!だとか、明日宿題を必ず終わらす!だとかです。

すると、寝ることだけに集中できるのですぐに眠ることができます。

早く寝たい方には特におすすめですね。

日記を書く

その日に起こった出来事を紙に書くことも、眠れない夜におすすめです。

ブログと一緒で、眠れない原因である悩みや不安を吐き出すことができるので気持ちが楽になります。

頭で抱え込んでいるだけだと何も解決しないので、頭から日記に移す感覚で書きだしてみてください。

一通り書き終えたらあら不思議。悪いこともすべて紙に移されたような感覚になります。

嫌なことも全てその紙に閉じ込めて、寝ることに専念してみましょう!

おすすめは、白紙の紙に自由に書くことです。

ドライブする

夜眠れなくてもやもやするのであれば、いっそのことドライブしてみませんか?

夜の道路は車通りも少ないので、走っていて気持ちが良いです。

いつも通っている道路もまた違ったように見えて楽しいはず!

気分転換にも最適なので、ドライブは夜の暇つぶしにも最適です。

散歩する

外に出て気分転換したいけど、「ドライブはちょっと…」という方は散歩することをおすすめします。

とはいえ、夜は危険も多いので住んでいる環境によってはおすすめできません!

ここでの散歩は、近くのコンビニまでとか、家の周りを一周するだけなど短い距離のもののことです。

少し不安だなという方は、外の空気を吸うだけでもリラックスできるので試してみてください。

眠れない夜こそリラックスしよう

眠れない夜に頑張って寝よう、と思うとかえって寝れなくなると言われています。

これは、「眠ろう、眠ろう」と思ってしまうと頭がさえてしまうからです。

詳しく説明すると、神経の反応が関係しています。

本来寝るときは、副交感神経というものが優位に働いて眠りやすくなります。

しかし、「眠ろう、眠ろう」と思ってしまうと緊張して交感神経という別の神経が優位に働いてしまいます。

難しい用語が並びましたが、つまりは「リラックスしていないと体が眠る準備を始めてくれない」というわけなのです!

眠れない夜だなと思ったら、無理に眠ろうとすると逆効果になってしまうことは覚えておいて損がないです。

だからこそ、今回紹介した暇つぶしの方法を実践してリラックスした状態で寝てくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、眠れない夜の暇つぶしの方法についてご紹介してきました。

眠れない原因は、精神面、疲労が少ない、カフェインの摂取の3つがありましたね。

それぞれ、すぐ寝たい方への対処法もお伝えしたのでぜひ試してみてください。

そして、眠れない夜に意識するポイントはリラックスすることでした。

ぜひ参考にして、素敵な夜を過ごしてみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました