イタリア旅行は学生一人でも大丈夫?8泊9日の総額はなんと○万円!

ドイツ留学
この記事を書いた人

MARCH系の大学に通っています。
新しい物好きなので、同世代の中でも群を抜いて幅広い経験をしてきたと自負しています。

かしわをフォローする

※この記事は約10分で読めます。

イタリアを一人で旅行しようかと考えている方へ!

ヨーロッパ旅行といえば真っ先に思い浮かぶ国の一つに「イタリア」がありますよね!

私もその一人でして、真っ先に旅行のプランを練り始めました。

時期が年末年始ということもあり、一緒に来てくれる友人がほとんど居なかったので一人で旅行するハメに…。

よーく考えてみると一人でイタリア旅行してみたいけど、なかなか踏み込めない方が多いと思ったのでこのサイトで発信することにしました!

結論から言うと、コスパも満足度も非常に高い旅行でした!

最後までご覧いただけると、今すぐにでもイタリアに旅行したくなること間違いなし!

たくさんの写真を用いながら、ワクワクしてもらえるような記事となっています。

イタリア旅行は学生一人でも大丈夫?

結論、イタリア旅行は学生一人でも大丈夫です。

この理由は、実際に一人でイタリアに旅行した私にあります。

トータルで9日間イタリアに滞在していて、個人的には全くと言って良いほどトラブルに見舞われずに旅行を終えることができました。

もちろん、それなりに海外での滞在経験があるので対策は施しましたが…。

この点についても後ほど詳しく説明していきます!

ちなみに、大学生向けの海外旅行のすすめについて書いた記事もあるので該当する方はぜひご覧ください。

イタリアの資金面

続いて、8泊9日間のイタリア旅行にかかった金額についてご紹介します。

なんと、8万円以下!でした!

もちろん、飛行機も含めてです。

しかし、私は当時ドイツ留学していたこともあったので日本からの飛行機に比べて格段に安かったのもあります。

なので、入国・帰国にかかる費用をなくすと大体6.5万円で旅行を楽しむことができました。

忘れてはいけません、これはヨーロッパに位置するイタリアでかつ9日間の滞在です!

ヨーロッパ旅行は遠いし、高いイメージでなかなか行けないと思っている方も多いと思います。

もちろん、高級な宿や食べ物ばかり食べていれば想像を超える金額になるはずです。

しかし、学生やお金に余裕がない方は上手に節約して最大限に楽しめるとこの私が自信を持っておすすめいたします!

イタリアの治安面

グーグルなどで「イタリア 治安」のように検索すると、怖い文言が多くあるのではないでしょうか?

私も実際に訪れる前は記事に脅されてビクビクしていました。

結果的に先ほども申し上げたように、何もトラブルがなく旅行を終えることができました!

とはいえ、今回訪れたローマ・フィレンツェ・ヴェネツィアは世界でも有数の観光スポットということもあり観光客を狙った犯罪があることも事実です。

特に、ローマのテルミニ駅やコロッセオ付近では怪しい人から声をかけられることも多々ありました。

何を基準とするかはそれぞれですが、個人的にはドイツでもよくあることなのでそこまで気になるほどではなかったのが正直なところです。

【12/26】ローマ

それでは、私の旅の記録に参りましょう。

まず、ドイツのハンブルク空港からローマのフィウミチーノ空港へのフライトに搭乗しました。

今回使用した航空会社は、ユーロウイングス

ヨーロッパの格安航空会社に位置されています。

片道でやく1万5千円ほどでした。

日本からのフライトに比べて格段に安いですね(汗)

フィウミチーノ空港に到着してからは、バスに乗りローマのセンターステーション、テルミニ駅へ向かいました。

こちらは大体850円ほど。

実はイタリアには、レオナルド・ダヴィンチ空港というハブ空港があるのですが今回は格安航空会社を使ったこともあり都市部からは遠い空港で降りることになりました。

着いてからは宿にチェックインして、夕方ということもあり徒歩で行ける場所を散策しました。

ありがたいことにコロッセオも歩いて行くことができました。

少し遠かったですが…。

その後、歩いてる中で見つけた安そうな飲食店に入りパスタとティラミスを食べました。

チープそうな雰囲気のお店でしたが、麺も味も最高でした。

値段はトータルで10ユーロ約1,300円ほどでした。

高い!と思った方。

ヨーロッパの観光地をなめてはいけません。

これはかなり良心的な価格ですよ!!

【12/27】ローマ

続いて二日目のローマ。

朝一から宿の近くのバールと呼ばれる、カフェ?のようなところに行きました。

イタリアの朝食といえば、「マリトッツォ」のイメージがあったのでこれ目当てで有名な店へ。

カプチーノと大きなマリトッツォでイタリア人の気分を堪能しました!

値段も合わせて350円ほどでかなりお手頃なので、レストラン風のブレックファストを頼むより全然お得です。

ローマパスを使って観光

その後は宿の近くのテルミニ駅で、ローマパスと呼ばれるローマ市内の公共交通機関が無料で使えるチケットを購入しました。

これが大体4,000円ほど。

48時間使えるものなので、歩く手間が省けると思い購入しました。

また、指定された施設を1つ無料で入れる権利も含まれているのでかなりお得だと思います。

2回目以降は割引という形になります。

私は、コロッセオにその特典を使うことにしました。

実はコロッセオのチケットを購入すれば、近くのフォロ・ロマーノという遺跡にも入ることができます。

初めてのイタリア旅行だったので、定番のスポットは回りたいと思っていた私的には嬉しいチケットでした。

ちなみにコロッセオ内部はこんな感じ。

想像以上に圧巻の景色です!!

調べればたくさん出てくると思うので、そんなに貼りませんが写真と実物の迫力は全然違うということはお伝えしておきます。

また、日本語の音声と映像がついたガイドもあります。

900円ほどしますが、せっかくなので利用してみても良いかもしれません。

私は一人旅だったので、すぐさま利用を決めました。

結果的に、心細さがなくなったのでかなり助けられた気がします(そういうことじゃない)。

ちなみに、フォロ・ローマは全体を歩くだけで相当体力とられるので気をつけてください…!

これ全体を歩いて回りました(汗)

お昼頃からコロッセオ、フォロ・ローマの順に行き3時間ほどかかりましたがそれだけで十分な経験ができます。

その後はお腹が空いたので、コロッセオから少し離れた場所でチェーン店のピザ屋に入り激安ピザとコーラを頼みました。

合計で500円もいかないくらいでしたが、十分美味しかったです!

ついでにバチカン市国の広場も見て、街並みを堪能しました。

少し歩くと小腹が空いたので、パスタの店を探すことに。

見つけたこのお店で食べたパスタがまさかの人生で一番美味しいパスタになってしまいました…!

スペイン広場

その後は、ローマの休日でお馴染みのスペイン広場に行くことに。

流石にジェラートを食べずにはいられない、ということで一緒に堪能しました。

店によって選べる種類や量が異なるので、しっかり確認してから注文することをおすすめします。

そしてこの日の夕食は、立ち食いパスタ!

780円ほど(6ユーロ)でお腹いっぱいになるパスタと、一杯のワインをいただくことができました。

食べ終わったのちに、そのまま帰ろうかと思ったら正面に有名なティラミスのお店「POMPI」を発見。

思わず購入してしまい、宿で食べましたとさ。

【12/28】ローマ

 

そしてローマ最終日。

この日は少し疲労が溜まっていたので、10時のチェックアウトギリギリまで就寝していました。

その後は電車まで時間があったので、朝ごはん兼お昼ご飯のパスタを食べに行くことに。

6ユーロで本場のカルボナーラを堪能。

あんまりカルボナーラが好きではなかったのですが、有名なのでとりあえず食べてみたらびっくり。

今まで食べてきたカルボナーラとは別物でした!

めっちゃ好き!な味ではないのですが、今までのカルボナーラと違ってコクと塩加減が絶妙。

カルボナーラの本場と言われているので、カルボナーラ好きは必見だと思います!

その後は電車までの時間が少しあったので、カフェでコーヒーを飲んで休憩。

総じて優雅なローマでの時間を過ごせたと思います。

その後はフィレンツェへ向かうことに。

ローマからフィレンツェへ

ローマからフィレンツェへの電車は1時間30分ほどで料金は、6000円ほどでした。

後で気づいたのですが、イタリアの格安バスもあるそうなのでこちらを使えばもっと安く利用できたかもしれません。

ただ、快適さでいうと電車なのでどっちを取るかは皆さん次第です。

学生や格安旅行という観点だと、バスでも問題ない気がしますが…。

とにかく、フィレンツェについてすぐさま宿にチェックイン。

今回は、ホステルで6人とシェアする形のものでした。

値段は、一泊2000円ほどで利便性と機能性の割に安いなと感じる宿でした。

その後は街をぶらぶらし、安そうなレストランへ入店。

ワイン、パスタ、ポテト、パンがついて1500円ほど(12ユーロ)とかなり良心的。

味ももちろん美味しく、店員さんも気さくで気に入りました!

お腹いっぱいになったあとは、宿に帰りすぐさま就寝しました。

【12/29】フィレンツェ

フィレンツェの朝は早い。

ということで、ここでもバールを探して朝食をいただきました。

眠い目を擦りながら、チョコクロとカプチーノをパクリ。

それからは、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂や小さい聖堂(名前忘れちゃった)などに入るなどの一般的な観光を楽しむことに。

中心地を歩いてると、アートの街っぽい雰囲気も垣間見られました。

【12/30】フィレンツェ(ウフィツィ美術館)

今日の目玉は、ウフィツィ美術館

サンドロ・ボッティチェッリ作の「ヴィーナスの誕生」が展示されていることで有名な美術館です。

美術には疎い私でも知っている作品なので、一目見たいと思い訪れました。

実は私にとって絵画作品メインの美術館は初めてなので、正直楽しめるか不安でした。

しかし、入った瞬間の豪華絢爛さといい作品の豊富さといいで圧倒されました。

アートの力強さを初めて、しかも世界的にも有名な場所で体験できたことは私の人生においても貴重だなと感じています。

その後は最終目的地、ヴェネツィアへ向かう電車に乗りました。

宿にチェックインをしたら、安心したのかそのまま眠りにつきました…。

【12/31】ヴェネツィア

到着してすぐのヴェネツィア

大晦日の朝。

まずはホテル近くの安い中華料理屋で腹ごしらえ。

なぜこの店を選んだかというと、単純にホテルから近く安いかったからです。

普通に美味しかったですよ。

その後はなんだか時間の感覚がなくなり、大晦日の実感がなくなっているのが怖いなぁ。

なんて思いながら、ヴェネツィアの街を散策していました。

しかし辺りを見回すと、霧霧霧キリきり!!!!

ちょっと先も見えないくらいの霧で身の危険を感じるくらいでした。

ただヴェネツィアは車が通らない、地形的に通れないので歩く分には安全と言えます。

イタリアの食前酒「スプリッツ」

 

歩き疲れると、イタリアで有名なカクテル「スプリッツ」を飲むことに。

テラス席を見ると、かなり多くの人がスプリッツを片手に談笑していたので気になって購入してみました。

実はこれ、食前酒としてイタリアで定番のお酒だそう。

苦味と甘みの両方が感じられて、とてもスッキリとした味わいでした。

日本ではあまり見かけないので、気になる方はぜひイタリアに行って飲んでみてください。

値段は、3.5ユーロほどで店にもよるのですが手軽に飲めるのでおすすめです!

ヴェネツィアでの年越し

そんなこんなで年越しの時間が迫ってまいりました。

ヴェネツィアではサンマルコ広場で年越しの瞬間を迎えるということで、早速向かうことに。

到着するとたくさんの人が待機していて、本来寒いはずが熱気で暖かさを感じるほど。

広場周辺をうろちょろしていると、一斉に周りの人たちが何かを叫日始めました。

「ウーノ!」

この言葉を聞いた瞬間察しました。

イタリア語でカウントダウンをしていたことを。

つまり、私の2021年の年越しは気づいたら終了していたのです。

これも今となっては良き思い出ですが、もう少しイタリア語を勉強すればよかったと少し後悔。

カウントダウン後は少し余韻に浸って、ホテルに戻りました。

【1/1】ヴェネツィア

元日。

冷静になって考えてみると、年末年始にイタリアにいるなんて高校生までの自分には考えられなかったなと。

海外思考もないような人間だったので、人生何が起きるかわからないなと。

そんなことを思いながら、ヴェネツィアの街を散策することにしました!

朝早めに訪れてみると、思ったより人が少なく街を独り占めしているような感覚に陥りました。

相変わらず霧に覆われてますが….笑

まずは、歩いている途中に見つけた謎の聖堂に潜入。

2.5ユーロ(学生料金)のお金を払って拝観したのですが、値段の割りに立派で空気感に圧倒されました。

イカスミパスタ実食!

そこからまた散策しているとお腹が空いたので、ヴェネツィアといえばこれ!イカ墨パスタを食べることに。

探していると、どのレストランにもイカ墨パスタはあるのですが10ユーロ以上と高め…。

探しまくった結果、8ユーロで食べられるレストランを発見!

ここに入って食べたのですが、めちゃうまい!!

イカ墨パスタを食べる機会は普段なかなかなかったので、見た目と美味しさとのギャップにやられました…。

サイゼリアでも頼んでみようかなと思うくらい、ハマるおいしさでしたよ!

そこからも歩きまくっていると、観光客で溢れるようになってきました。

イタリア限定(?)のコカコーラも飲んで休みながら観光していましたが、夕方くらいには疲労が!

ちなみに、このコーラはカフェインが入っていないものらしいです。

ホテルに戻り、今日は早めに寝ることにしました。

【1/2】ヴェネツィア

そしてイタリア旅行最終日(帰るのは次の日の早朝です)。

悔いを残したくなかったので、外に出る前にやり残したことを洗い出す。

・立ち食いできる激安パスタを食べる。
・霧のない風景を楽しむ。
・スイーツを食べる。

以上3点を実行することに。

立ち食いできる激安パスタを食べる

実は、有名な立ち食いできる激安で美味しいパスタが複数あるらしいという情報をあらかじめ仕入れていました。

そのお店を何個か検索し、向かうことに。

しかし、見つけた3店舗中3店舗見当たらず….。

該当する場所には他の店になっていたり、テナント募集となっていたりと潰れてしまっている様子。

コロナ禍の影響で閉店に追い込まれたのかな、と思います。

もう諦めようかと思って歩いていると、何やらパスタの店が!

ここしかないと賭けて入店すると、ビンゴ。

即席で作ったパスタをボックスに入れてくれて食べられる店でした!

そこでソース、パスタを選んで注文。

求めていたものがこちら!

食べる場所を探している時に、鳥が頭にぶつかってきたりと狙われるハプニングもありました。

でもなんとか完食し、目的に一つは達成することができました!

霧のない風景を楽しむ

次の霧のない風景を楽しむ、ですが、これは達成。

最終日にやっと、霧が晴れてひらけた視界を楽しむことができました!

スイーツを食べる

そして、最後の目的であるスイーツを食べること。

イタリアといえばスイーツと勝手に思っていた(サイゼリアのイタリアプリンが好きだからかな…)ので、探してみることに。

意外とたくさんのスイーツの店があったので、テキトーに購入してみました。

ジャケ買いしたこちらのパンみたいなのと、

シュークリームみたいなもの。

1個目の方は正直なんとも言えない味でしたが、2個目の方は完全にシュークリームでした!

お腹も心も満たされた後、ホテルに帰って一旦休憩。

夜にもう一度外出して、悔いのないようヴェネツィアの風景を楽しんで早朝の帰宅に備えました。

これにてトータル9日間のイタリア旅行終了です!

イタリアは基本的にスリや盗難が多いとされている

このように、トータル9日間のイタリア旅行が終了しました。

この旅行に行く前の事前調査では、イタリアの治安は悪いと書かれているサイトばかり。

少し身構えて訪問したのですが、結果私の場合は予想より安全でした!

もちろん、貴重品やカバンなどはなるべく取り出しにくい場所で保管するなどの工夫はしましょう。

例えば、こういう肌に密着させるタイプのカバンなどはあると安心できます。

リュックなど、気づかれないうちに取られてしまう可能性のあるものの中には貴重品を入れないでくださいね!

イタリアに留学していた友人の話ですが、気づいた時にはリュックのチャックが開いていたことがあるそうです。

今回たまたま私は遭遇しなかっただけの可能性もあるので、念には念をですね!

どこの国も危険性はある

今回私が最も伝えたいことは、海外は危険だというイメージに対する考え方を変えて欲しいということです。

おそらく、「海外=危険」だから行かない、と思っている方もたくさんいらっしゃると思います。

でも、それは日本も同じです。

地震がたくさん起きますし、事件・事故も決して少なくありません。

それでも一歩踏み出して海外に行くことは、いろいろな刺激を受けられますし何より楽しいです。

私はこの魅力をなるべく多くの人に体験して欲しい、その思い出発信をしています。

この記事を読むまでは悩んでいたという方も、ぜひ一歩踏み出してみませんか?

まとめ

いかがでしたか?

今回は年末年始の格安イタリア旅行について書いていきました。

もう一度お伝えしますが、8泊9日でかかった費用は…約6.5万円でした!!

ドイツからの飛行機代を含めると、8万円いかないくらいです。

もちろん、ホテル代なども含めての料金ですよ!

これに、日本からの航空券代を追加するだけでイタリアやヨーロッパを十分堪能することができます。

思ったより海外旅行のハードルが下がったのではないでしょうか?

個人的には、ヨーロッパに行って価値観が変わりましたし、風景も素敵なのでぜひみなさんに訪れてもらいたいなと思っています。

学生でも、ある程度アルバイトでお金を稼げば簡単にいけるので挑戦して欲しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました