山手線一周徒歩の旅マニュアル!暇な人におすすめ【全駅の写真あり】

暇つぶし
この記事を書いた人

都内の大学に通っています。
普段は、大学行ってバイトして、みたいな普通の生活を送っています。
絶賛就活中です。

かしわをフォローする

※この記事は約6分で読めます。

皆さんこんにちは!現役大学生のかしわです。

実は私、山手線を徒歩で一周したことがあります!

なんの自慢かいって思われるかもしれませんが、私にとっては良い思い出で誇れる経験だと思っています。

なので、皆さんにもぜひこの魅力を知ってもらいたいです!

そんな思いから今回は、「山手線一周徒歩の旅マニュアル」をご紹介していきます!

・山手線の基本情報
・必要な持ち物
・全駅の写真と簡単な感想
・山手線一周徒歩の旅全体の感想

の順に全て網羅していきます。

暇な人何をすればわからない人悩んでいる人には特におすすめです!

山手線一周徒歩の旅を始めるにあたっての基本情報

山手線一周徒歩の旅を始めるにあたっての基本的な情報をご紹介します!

突然ですが皆さんは、山手線内に何個の駅があるかご存知ですか?

29でしょ!簡単じゃん

よくご存じですね!と、言いたいところですが、実は現在は「30駅」です。

2020年3月14日に高輪ゲートウェイ駅が開業しましたよね。

この駅が含まれて、30駅というわけです!

そして、線路の長さは約35kmと言われています。

ただし、これは電車が走る線路の長さなので実際に歩く距離はもっと長いです。

まとめると、

・駅の数:30駅
・線路の長さ:約35km

が現在の山手線の基本情報です。

ただし、私が実際に一周した時は高輪ゲートウェイ駅ができていなったので29駅なのはご了承ください。

山手線一周徒歩の旅に必要なもの

先ほど紹介した基本情報から、長丁場になることが予想されますよね。

(実際にかかった時間は後ほどご紹介します!)

線路の長さで35kmほどあるので、休まず歩いた場合でも7時間以上(時速4.8kmとして)はかかると計算できます。

実際の距離はもっと長くなりますし、ずっと同じ速度で歩くことは難しいのでより時間がかかりますよね。

そんな長い旅となったら、普段通りの恰好ではゴールすることができません!

外の気温にも左右されますので、共通するものとに分けて必要なものをご紹介します!

共通の持ち物

・スマホ
・モバイルバッテリー
・お金
・ランニングシューズ
・雨具

スマホは、一周するためのルート確認のために必須です!

道路の関係上、ずっと路線に沿って歩くことができませんので注意してくださいね。

また、充電が切れたら元も子もないので、モバイルバッテリーも持っておくと安心です!

個人的におすすめなモバイルバッテリーはこちらから。

持ち運びに便利な大きさです。一番の特徴は、コードが予め取り付けられていること!

そして、長丁場の旅なのでたまには休憩を入れる必要があります。

その時に普段はいかないようなお店に入るのも、この山手線一周徒歩の旅の醍醐味なのでお金を持っておけば充実した旅となりますよ。

また、たくさん歩くので、歩きやすいランニングシューズを履いておくことをおすすめします。

さらに、突然の雨に見舞われることもあるので折り畳み傘カッパなどの雨具があると風邪をひかずに一周できますよ!

夏場の持ち物

・タオル
・塩分タブレット
・飲み物

夏場は暑いのでかなりの汗をかくことが予想されます。その時のためにもタオルを持っておくと安心です。

また、熱中症対策に塩分タブレット飲み物も予め持っておくと予防ができます!

個人的におすすめな塩分タブレットはこちら。

手軽に塩分チャージできるので便利です。しかもおいしいのが嬉しい!

冬場の持ち物

・貼るカイロ
・厚い靴下

冬場は寒いので、なるべく体を冷やさないことが大事です。

なので、カイロを体に貼っておくことをおすすめします!昼間は暖かくても、夜に寒くなるかもしれませんからね。

個人的におすすめな貼るカイロはこちらから。

14時間」持続するので、山手線を一周するのにも安心してご利用できます!

また、足元を冷やさないためにも厚い靴下をはくと良いでしょう。

なぜ徒歩で山手線を一周するのか?

それでは、なぜ私が山手線一周を徒歩でしようと思ったのかについて説明します。

結論から言うと、「」だったからです!

当時は高校三年生で、大学付属の学校だったということもあり、進路が決まっていました。

不必要に勉強をしなくてよかったので、自分の時間を確保できたということです。

こういうと、懸命に受験勉強に取り組んでいた方から反感を食らう可能性があるのであまり深堀りしないでおきます(笑)

とにかく、自分の性格上何もしないでじっとしていることが嫌いだったので外に出たい!という思いからこれが思いつきました。

山手線を一周している中で、何かしらの発見があったら最高だなという願いも込めて。

普段通り過ぎる駅にも何かあるかもしれない、今やらなければ一生その駅のことについて知らずに終わるんだろうな、と思うとやらずにはいられませんよね(笑)

詳しい感想は後ほど紹介しますが、実際に経験してたくさんのことを得られました。

自信をもって皆さんにおすすめできるので、ご安心ください!

これも全て「暇」のおかげですね。

ちなみに、サイト名からもわかるように、私は暇な時間を大事にしています!

山手線一周徒歩の旅スタート!

山手線一周徒歩の旅は、2017年8月16日に実施しました!

ちなみに、一人ではなく地元の友人と一緒です。

実際に歩いた距離は、上の写真をご覧になればわかるかと思いますがトータルで「47.1km」歩きました!

フルマラソン超えてますよね(笑)

そして、かかった時間は「12時間36分」ほどです。

スタート地点は東京駅で、内回りのルートで回りました!

それでは、時系列順に駅ごとの簡単な感想をご紹介していきます。

※駅ごとの感想は簡略化しています。ぜひ実際に訪れて、自分の思ったことを見つけてみてください!

東京駅(8:56)

東京駅をスタートにして、山手線一周徒歩の旅スタート

雲行きが怪しいですが、8月という季節からしたら日差しがなく過ごしやすいのでありがたいです。

神田駅(9:15)

高校生の時に撮ったもので、写真がぶれていてすみません(他にもあります)。

神田明神で有名な神田駅ですね!この時初めて訪れました。

秋葉原駅(9:32)

オタクの聖地秋葉原!

もっとアニメアニメしているのかと思いきや、そこまででした。

でも歩いているときに、メイド喫茶の宣伝をしている人がいてワクワクしたのを覚えています(笑)

御徒町駅(9:46)

ここら辺は少しディープな場所でした。

当時高校生の僕からしたら、何が何だかさっぱりわからない場所でしたね。

上野駅(9:57)

上野動物園で有名な上野駅!

ここら辺から少し雨が降り始めました。

鶯谷駅(10:13)

鶯谷駅。

大人の方がよく利用している駅なのではないでしょうか?

日暮里駅(10:55)

日暮里駅。

良さげなお店がたくさんありました。

老舗の安い飲食店もたくさんあったので、いつか行きたいな。

西日暮里駅(11:07)

おいしそうなラーメン屋さんがありました。

でもその誘惑に負けずに、進みます!

田端駅(11:42)

田端駅から徐々に疲れが現れてきました。

日頃の運動不足が露呈してますね…。

駒込駅(11:57)

なかなか不思議なところに駅が構えられていました。

そして、普段は絶対降りないであろう駅に遭遇したのでワクワクしてきました。

山手線一周徒歩の旅をして良かったなと、思い始めた瞬間です。

巣鴨駅(12:10)

おばあちゃんの原宿」と呼ばれているらしいですね。

確かに昔ながらの商店街が近くにありました。

昼飯(12:58)

巣鴨駅近くで休憩がてら昼ご飯を食べました!

ときわ食堂」さんで、アジフライ定食を食べました。

山手線を一周する前に、静岡県の沼津で食べたアジフライよりもおいしかったのを覚えています。

大塚駅(13:27)

腹ごしらえを終えて歩き始めました。

街の雰囲気が東京っぽくて(よくわからない)個人的には好きです。

池袋駅(13:52)

埼玉県民の庭、池袋駅です。

徐々に雨も本降りになってきました。

先行きが危ぶまれますね…。

目白駅(14:30)

学習院大学の最寄り駅、目白駅です。

すごくおしゃれな雰囲気が漂っていました!

高田馬場駅(14:45)

早稲田大学生のたまり場、高田馬場駅です。

昼間だったので落ち着いていました。

新大久保駅(15:07)

コリアンタウンで有名な新大久保駅。

韓流ファンの若い人たちがたくさん歩いてました。

新宿駅(15:31)

日本国内でもトップクラスに人口密集度が高い新宿駅です。

この時間でもたくさんの人が歩いていました。

代々木駅(15:48)

代々木公園の代々木駅です。

新宿とはうって変わって落ち着いた雰囲気でした。

一服(15:52)

そろそろ本格的に疲れがたまってきたので、ドトールコーヒーショップで一服いました。

ブラックコーヒーが疲れた体に染みます!

原宿駅(16:34)

若者が多く集まる原宿駅。

夏休みの学生らしき人たちがたくさんいてにぎわっていました!

渋谷駅(17:00)

ハチ公ですね。

雨の中でも多くの人が撮影していました。

もちろん、私もその中の一人です!(笑)

恵比寿駅(17:26)

ゑびす様!

なんだか縁起の良さそうな銅像があったので、なでなでしておきました。

目黒駅(17:50)

お金持ちの方がいそうな目黒駅。

駅周辺も清潔感があって、良さげでした。

五反田駅(18:11)

個人的にあまりぱっとしたイメージのない五反田駅。

最近ではスタートアップ企業が多く参入しているそうです!

大崎駅(18:23)

大崎駅は、山手線を一周していないと知らないし、降りなかった駅だと思います。

駅自体は大きく、会社のビルもたくさんあったので会社員の方が多く利用されている印象です。

外はすっかり真っ暗になりました。

大崎駅内のカフェで少し休憩を取ってから再開!

品川駅(19:24)

そろそろ疲れが限界に近くなってきたので、駅に近寄ることなく遠くから撮影しました。

帰宅ラッシュの時間なのか、にぎやかでした。

田町駅(19:55)

田町駅辺りから疲労で意識がもうろうとしていて、あまり覚えていません…。

浜松町駅(20:28)

浜松町はアイドルのイベントで一回だけ行ったことがありました。

個人的な思い出の地なので、懐かしいです。

新橋駅(20:54)

サラリーマンの街、新橋。

酔っぱらっているサラリーマンもちらほら見かけました。

もうゴールは迫っています!

有楽町駅(21:14)

有楽町駅に着きました!

ゴールである東京駅はすぐ近くです。

感動のフィナーレ(21:32)

スタート地点の東京駅に戻ってきました!

辺りはもうすっかり暗くなってしまっていますね。

これまでのことを思い出して、涙が…こぼれるまではいきませんでした。

とはいえ、たった一日の出来事なのに、すごい充実感のある一日でした。

山手線一周徒歩の旅全体の感想

いかがでしたか?

山手線一周を徒歩で回ると色々な発見がありました。

イメージしていた場所と違った!だとか、このお店気になる!などなど。

全体を通して、すごく充実していたのは大きいですね。

もちろん、感じ方はそれぞれですが、東京の中心を張っている山手線全体を見て損はないと保証します。

ぜひ、暇な人今何をしたいかわからない人悩んでいる人は山手線一周徒歩の旅をしてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました